クリックすると、トップページに戻ります

水草ポット(UmbrellaPlant-Pot)

2000年・福岡産業デザイン賞優秀賞を受賞 2000年福岡産業デザイン賞優秀賞受賞製品

審査概評:天然素材の竹炭を、特殊セメントでプランター状に成形したもので、有機物などの水の汚れを、表面に付着した微生物等が養分として分解し河川等の水質を浄化するエコロジー性と、水の抵抗を考慮した楕円形状の機能的な造形性の両面から高く評価された。


水草ポットは、自然の力を用いて、水質浄化を実現します

水草ポットの側面には取水口と排水口が開いていて、植栽した水草に河川の水を供給します 竹炭を原料にした水草植栽用のプランターです。天然素材である竹炭を使用して河川等の水質を浄化するものです。  

窒素・リン等を分解するシュロガヤツリを植栽し、またシュロガヤツリが養分を吸収しやすい構造となっています。
(養分を吸収する根が水に接触しやすくなっています)

ポット表面に付着した微生物等が、水の汚れを養分とし吸収し分解します。また、効果は半永久的です。(ポットの材料は炭なので表面にたくさんの小さな穴があり、微生物が住みやすくなっている)  

低アルカリ性である為、河川等周辺の生物の行動を制限しません。  

シュロガヤツリは富栄養化した水域の窒素、リン酸等を除去する能力が非常に高く、水質浄化植物として最近注目を集めています。また、このシュロガヤツリはパピルスの仲間なので良質の紙に加工することができ、森林資源の保全にも役立ちます。 
⇒ シュロガヤツリの窒素・リン除去データ

お問い合わせはこちらまで


写真で見る水質浄化効果

シュロガヤツリを植栽した炭入り水草ポットの、水質浄化効果

実験開始時の様子、水底が見えません

実験開始

水が緑色に濁っていて、
底が見えません。

 

24時間後、水は少々澄んできたようです

24時間後

少し、水の汚れが緩和されました。

 

96時間後、水底まで見えるまでに水は浄化されました

96時間後(4日後)

底が見えてきました。

 

汚れた水は、水草ポットの働きによって浄化されました

19日後

汚れた水は、底がはっきりと見えるまでに浄化されました。

 




水草ポットの形状について

水草ポットの大きさは、高さ40cmで、底は34cm×24cmの楕円形です

水中での水草ポット

水の抵抗を減らす楕円形状

実験中の水草ポット

   

 

お問い合わせはこちらまで

クリックすると、トップページに戻ります