私たちは「事業を通じて社会に貢献し、常に自信とプライドを持って商品を提供する企業でありたい。」
こんな考えを基に取り組んでいます。

建築左官の伝統的技術と新素材の開発で、今後とも社会に貢献し、
次世代にこの技術を残していきたいと考えます。

代表取締役 神垣三次