ビシャン仕上げ

ビシャン仕上げとは、特殊なハンマーで叩いて表面を凸凹に仕上げることです。
表面が凸凹とはいっても、下地がきちんと出来ていないと良い製品にはなりません。
ざっと、コレだけの手順で作業を進めていきます。

1.        コンクリートの表面を、モルタルが接着しやすいように荒削りする。   
2.        モルタルを塗る。
3.        寸法通りに墨を出す。(墨壷というもので線を引く)
4、5.    墨に従って、定規を使い形を整えていく。
6、7.    全体に2層目のモルタルを塗る。
8、9.    着色したモルタルを定規を使い塗る。
10.      ビシャンハンマーで表面をこつこつと叩き、削っていく。
11.      出来あがり

1.コンクリート原型

1コンクリート原形.jpg (112113 バイト)

2.下塗り

2下塗り.jpg (84904 バイト)

3.墨出し

3墨出し.jpg (97721 バイト)

4.角起こし

4角起こし.jpg (90511 バイト)

5.角起こし

5角起こし.jpg (43157 バイト)

6.中塗り

6中塗り.jpg (91369 バイト)

7.中塗り

7中塗り.jpg (36465 バイト)

8.仕上げ

8仕上げ.jpg (53062 バイト)

9.仕上げ

9仕上げ.jpg (35720 バイト)

10.ビシャン叩き

10ビシャン叩き.jpg (49137 バイト)

11.完了

11仕上がり.jpg (56648 バイト)